←TOP

PREV Next

作品概要

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • mix

TITLE

人生スコープ -新たな旅立ち-

作品解説

私にとって「存在。」とは、生きている時間です。
一瞬一瞬の出来事が積み重なった経験です。
それは記憶で、私の心の中にある「存在。」です。

生きていると、いろいろなことが起こります。
いろいろなことがあるから、一瞬が輝いて見える。
俯瞰したらキラキラしている、そんな人生にしたい。

そういう気持ちで描き出したのは「万華鏡」です。
子供は記憶の残像と未来の可能性を現しています。 
ワクワクしながら常に新しい一歩を踏み出していく。

一つ一つの形や色が「存在。」を表現しています。
どこを取って見ても、多面的な魅力があります。
それはヤマハの企業イメージと合致しています。

閲覧環境、展示状況解説

画像を映し出したタイムズスクウェアのビルボードと手のひらのポータブルデバイス。

作者プロフィール

NAME

池田 愛

1979年奈良市生まれ。
2004年金沢美術工芸大学美術科油画専攻卒業。
イギリス、ベルリン、モントリオールに留学。
ニューヨーク、奈良、東京で作品発表をする。
ビジュアル表現の制作活動をしている。


Ai Ikeda




作者のコメント

グラフィックグランプリの公式ウェブサイトにあった映像と言葉から活力とインスピレーションを得て、ふさわしい表現を考えました。人に働きかけるビジュアル表現で、イメージが他者と共有されることを目指しました。「存在。」は、心が投影されたレイヤーです。その「存在。」が、自分をここに導いてくれたことに感動しています。

審査委員からの作品評価

想定展示風景まで、創作的に表現した数少ない作品でした。作品そのもの、想定提示風景のいずれも万華鏡のような華やかさで表現されており、色彩のつぶがそれぞれお互いに響きあう中で、自己と他者の存在が重なりあっていくものを予感させるものだった。またスマートフォンというデバイスが冷たい人工物でなく、極めてポエティックな事物として表現されている点も新鮮であった。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP