←TOP

PREV Next

作品概要

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • mix

TITLE

無限SOMEBODY

作品解説

板なのか壁なのか得体の知れない四角い物体を「誰か」が抱えている。
「誰か」が存在する。男なのか女なのか、はたまた幽霊なのか?
楽しそうでもあり、悲しそうでもある。
唯一の手がかりである手の表情はどのようにも感じ取れる。
その真実は誰にも分からない。
これを見た人の想像力の果てに「誰か」は存在し、しかも無限に。
誰もが想像できる訳ではなく、もしかすると「単なるキャンバスに手が描かれてる。ただそれだけ」といった意見も出てくるかもしれない。
「誰も存在しない」のは本当の事実なのだから。

50号のキャンバスにアクリル絵具で描いている。手の大きさは私の手のほぼ実物大。全面をピンク色に塗り、手の部分を白色と金色で彩色。この配色にしたのは現実世界にない、浮世離れした世界を作りたかったから。

閲覧環境、展示状況解説

なるべく広くて白い壁面に掛ける。ぽつんと。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP