←TOP

PREV Next

作品概要

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • mix

TITLE

小躍り

作品解説

作品を通じて存在とは何かを訴えかけるより、作品自体に無視しにくい、記憶の中に留まるような存在感を持たせようと心がけて書きました。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP