←TOP

PREV Next

作品概要

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • mix

TITLE

満ちる欲を抱きしめてあげよう

作品解説

自分に関わるものの存在はたくさんあっても、それら自分をとりまくヒトやモノの在り様なんて、世のあらゆる物事との関係性や相対性を自分というフィルタを通してみた解釈にすぎない。
そうすると、最上位の存在は嫌でも「自分」。

しかし、本能と理性、素顔と仮面、挑戦と保身、そんな葛藤だらけの脳内で自分の在り様に対する答えは未知数と錯覚する。

でも、ある時ひとつの答えに気付く。
生きるエネルギー要素のひとつ、「欲」。
自分が在るために「欲」が脳内の自分世界で膨らみせめぎ合い、時に苦しくなって自身でそれを抱きしめる。
外からその実体は見えないが、内面に大きく位置する「欲」が繰り広げる世界こそ、自分にとって「自分が在る」ことそのものだ。

エネルギー(=欲)・自己の世界・環境に呼吸をもたらすグリーン・変化…これらのキーワードを自分の解釈で抽出し、ひとつの視覚表現として仕上げた。

閲覧環境、展示状況解説

P8号(タテ)のキャンバスに描画、展示の際は額縁なしです。

展示イメージは壁掛け・立てかける・置く等、固定された状態であればその展示スタイルに細かい希望はありません。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP