←TOP

PREV Next

作品概要

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • mix

TITLE

tegata

作品解説

「みる」より「触れる」ことで関係性はより親密になります。
愛する人や大好きなものに触れた時のあふれる感動。
人間の「手」は「存在」を確認するための象徴。
そんな「手」を「手形」で表現しました。
「手形」はその人の個性や存在も象徴しています。
みんなの「手形」で大きな「存在」をつくる。
完成形ではなく、みんなが参加してつないでいく進行形の作品展開。
「存在。」をこれからの未来へつなぐ表現活動として、先ずは0歳児の「手形」からはじめてみました。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP